2020-21年度 クラブ運営方針

                     会長 佐々木 英樹       

  現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、全世界の社会生活や、経済状況が大きな影響を受けています。ロータリークラブに関しても、2月末より、地区行事、例会行事、全てが中止に追い込まれています。

いつもと状況が異なるなか、今年度、2回目の会長に就任させていただきました。今まで通りの活動ができるかどうかは不明です。それぞれの業界においても同じです。これから社会の情勢を見つめながら、さぬきロータリークラブの活動を進めなければなりません。

今年度の活動計画としては、地区行事が例年通りに行えるようであれば、全員出席を目指してまいりましょう。クラブ例会には、これまでどおり客話プログラムの充実。それぞれの職業の会社訪問も取り入れていきたいと思っています。

国際ロータリー 2020-2021年度、ホルガー・クナーク会長のテーマは「Rotary Opens Opportunities ロータリーは機会の扉を開く」です。私たちのあらゆる活動が、どこかで誰かのために、より豊かで意義ある人生への扉・機会の扉を開いてくれることを願っています。

 ロータリーの奉仕に基づき地域社会によい影響を与えられるように、会員はもとより会社経営の発展を切に願っております。


                                戻る